お客様実例

【うねる・広がる・量が多い】自分では扱えない癖毛を縮毛矯正で改善

お客様
お客様

癖の影響でうねりや広がりがあり、おまけに量が多く自分では扱う事ができません。

縮毛矯正をかけて扱いやすくすることは可能でしょうか?

癖が原因で発生しているヘアトラブルであれば改善することが可能です。

今回のようにうねりや広がりは縮毛矯正で、量が多いことに関してはカットと縮毛矯正で改善していきましょう。

美容師
美容師

現状で発生している扱いにくさがカットによるものなのか、ダメージによるものなのか、癖毛によるものなのかを見極めておきましょう。

それによってできる改善策は異なります。

今回のケースでは癖毛と量が増えたことによって扱いにくさが生まれているのでカットの縮毛矯正でお悩みを改善していきます。

 

【うねる・広がる・量が多い】自分では癖毛を扱う事ができない

まずは施術を行う前の状態です。

2年近く?は縮毛矯正をかけていないという事でした。

基本的には結んで過ごしていたものの、ここ数日の暑さと雨による湿気に耐えきれずに何とかしよう!と決意されたそうです。

美容師
美容師
湿気には逆らえませんよね・・・。
【うねる・広がる・量が多い】自分では扱えない癖毛を縮毛矯正で改善 【うねる・広がる・量が多い】自分では扱えない癖毛を縮毛矯正で改善

カット自体も久しぶりという事で量が増えている状態です。

確かに量が多いことは事実なのですが、ここで注意するべきことは量を減らしすぎないということです。

 

その場限りでは改善されたように思いますが、それは一時的なものです。

数ヶ月後には癖が悪化し、梳かれすぎた毛先はダメージも発生しやすい状態になります。

 

縮毛矯正をかけて全体のボリュームを抑えてそれでも重いところを最小限に減らしていく事が、綺麗な髪を作ることと縮毛矯正の持ちをよくすることに繋がります。

『髪が膨らむので梳(す)いて軽くして下さい』は悪化させるだけです
『髪が膨らむので梳(す)いて軽くして下さい』は悪化させるだけです というオーダーをよくいただきます。 ですが、この場合はかえって悪化させてしまうこともあるのでお客様の意見を鵜呑みにして梳き...

【うねる・広がる・量が多い】自分では癖毛を扱う事ができない 改善後の状態

仕上がりの状態です。

全体の癖も落ち着いてまとまりが出てくれていると思います。

 

癖が真っ直ぐになるだけでここまでボリュームは落ち着いてくれます。

【うねる・広がる・量が多い】自分では扱えない癖毛を縮毛矯正で改善 【うねる・広がる・量が多い】自分では扱えない癖毛を縮毛矯正で改善 【うねる・広がる・量が多い】自分では扱えない癖毛を縮毛矯正で改善

毛先の薄くなっていた部分の数センチは整えて、中間部分で量を減らしています。

そのため毛先は切る前よりも厚みが出ていますが全体の量はしっかりと減っています。

 

梳いた時に毛先がスカスカになってしまうとダメージへの耐性が弱くなってしまいます。

 

今回のように厚みを残すころでダメージへの耐性が高くなるので痛みにくい髪の毛を作っていく事ができます。

【うねる・広がる・量が多い】くせ毛落ち着かせたいけど、仕上がりはペタッとはしたくない

お客様
お客様

くせ毛を何とかしたいという気持ちはありつつも・・・。

ペタッとするのは嫌です。

縮毛矯正をかけたいという方の1つの悩みがボリュームを抑える事でペタッと見えてしまうのではないか?という事だと思います。

美容師
美容師
ボリュームを落とすのである程度のボリュームダウンは仕方ないものの、ツンツンなストレートにならないようにかけることは可能です。

なぜペタッと見えてしまうのかということから解説していきます。

縮毛矯正をかけるとペタッと見える?

縮毛矯正=癖をなくすもの ですのでボリュームが落ち着くことは避けようのないことです。

 

ただ不自然な真っ直ぐに見えることありますよね。

これはアイロン操作によって改善する事ができる可能性もあります。

美容師
美容師

髪の毛は本来まん丸の形をしております。

癖を縮毛矯正で伸ばす際にプレートのアイロンで強く挟む事で髪の毛はぺたんこになってしまいます。

これが不自然に見えるか不自然に見えないかの差です。

 

今回のように強い癖毛をストレートにしておりますがアイロン時のプレス圧をコントロールする事で“まん丸のまま”とまではいかないもののある程度自然に仕上げることもできます。

ダメージにも影響がある

またアイロンのプレス圧はヘアダメージにも影響をもたらします。

強く挟めばそれだけ負荷もかかりますし、優しく挟めば負荷も少なくすみます。

 

癖の伸びに影響はあるのか?と疑問を持たれる方もいらっしゃると思いますが

美容師
美容師
今回の実例から見ても分かるように髪の毛が潰れるほどの圧はかけなくとも癖を伸ばすことはできます。

自然でダメージレスな縮毛矯正をかけるには細かい点にも配慮は必要です!

【うねる・広がる・量が多い】くせ毛を改善するには縮毛矯正が最善の選択?

今回のように癖毛の方がストレートスタイルを作るのであれば縮毛矯正の一択です。

 

髪質改善や酸熱トリートメントと呼ばれる施術の中では癖が伸ばせるというものもあるとされていますが、あくまでも緩和する程度です。

また時間の経過とともに緩和効果は弱まるのでお勧めはできません。

 

過度な期待を持つと期待外れになりますし、仮に髪質改善で癖が伸びるのであれば怪しいと疑った方が賢明です。

 

【癖が伸びる?】酸熱トリートメントって弱い縮毛矯正なのでしょうか
【癖が伸びる?】酸熱トリートメントって弱い縮毛矯正なのでしょうか 酸熱トリートメントはトリートメントという位置付けなので縮毛矯正とは違います。 例えば髪の表面が整っていない事で起こ...

【うねる・広がる・量が多い】自分では扱えない癖毛を縮毛矯正で改善 まとめ

結論をお伝えすると悩まれているのであれば縮毛矯正をかけられた方が楽になれると思います。

 

デメリットは1度かければ継続してかけていたなければいけないことくらいです。

反対にかけることでストレスがなくなり、セットの時間短縮にもなるので得られるメリットもたくさんあります。

美容師
美容師
縮毛矯正にはダメージの問題もありますが、ヘアカットでスカスカに減らすことを考えれば縮毛矯正でボリュームダウンをした方がダメージレスに仕上げられるかもしれません。

何事にもケースバイケースな部分が多いのでお悩みの方はご相談ください。