縮毛矯正解説

【縮毛矯正後の頭皮ケア】健康な頭皮を守る為にはどんな対策が必要?

お客様
お客様

縮毛矯正をかけた後の頭皮のコンディションが心配です。

何かできることはありますか?

縮毛矯正をかけた後の頭皮は非常にデリケートな状態にあります。

美容師
美容師
特に施術中に刺激を感じられている方や違和感を感じている方、健康な頭皮環境を維持されたい方は縮毛矯正後の頭皮ケアに取り組むべきです。

縮毛矯正後の頭皮ケアは次のようなものを推奨しております。

  • 頭皮の残留薬剤の除去
  • 頭皮の抗酸化
  • 頭皮の保湿
  • 頭皮の抗炎症

これらを実践することで縮毛矯正をかけた後のデリケートな頭皮環境を正常な状態に戻すことができ、健康的な頭皮環境を作り出すことができるようになります。

美容師
美容師

もし、違和感を感じている頭皮をそのまま放置していると少しずつ頭皮の機能は低下していき将来的には刺激に敏感な頭皮になることが予想できます。

また縮毛矯正以外にもヘアカラーやパーマなどの施術に使用する薬剤への耐性が弱まることもあり得ます。

ダメージの少ない今の頭皮環境を維持するためにも、今現段階での取り組みが重要となります。

 

では具体的にはどうすればいいのでしょうか?解決策をこの記事にて紹介していきます。

 

縮毛矯正で頭皮がダメージを受ける?

縮毛矯正のダメージ=髪の毛と認識をされがちですが、実は頭皮にもダメージは発生しております。

美容師
美容師

頭皮のダメージが発生すると次のような症状を引き起こします。

  • 頭皮のバリア機能が低下する
  • 頭皮の内側に負荷がかかり皮膚が老化する
  • 白髪や抜け毛が増加し伸びない髪の毛が目立つようになる

1回の縮毛矯正でここまで進行することはありませんが、若いうちから続けている縮毛矯正やヘアカラーなどの頭皮ダメージは蓄積していきます。

 

このまま放っておくと薬剤で刺激を感じやすくなったりアレルギーを発症するなどの症状に発展します。

さらに目に見えて現れるダメージとしては白髪増加や抜け毛など髪の毛の変化を感じるようになります。

 

ここまで進行をしてしまうとできる対象は限られてしまい、改善には長期的な期間が必要となります。

 

【関連記事】縮毛矯正後に頭皮がヒリヒリと痒くなる?刺激の原因と対策を現役が解説

縮毛矯正後に頭皮がヒリヒリと痒くなる?刺激の原因と対策を現役が解説 縮毛矯正をかけた直後であれば、まずはそれを疑うべきですね。 縮毛矯正の中で刺激を引き起こす事が考えられるものは...

縮毛矯正によるダメージとはどんなもの?

美容師
美容師

縮毛矯正で頭皮にかかる負荷としては次のようなものが考えられます。

  • 過酸化水素水によるダメージ
  • アルカリ剤によるダメージ
  • 還元剤によるダメージ

他にもあげればきりがないですが代表的なものとして例を挙げます。

どんな影響を及ぼすのかを順番に解説していきます。

過酸化水素水によるダメージ

過酸化水素水が頭皮と接触をすることで頭皮を酸化させてしまいます。

酸化=老化と言われており頭皮の機能低下を引き起こします。

 

皆さんがよく知られているアンチエイジングとは抗酸化という意味があり、過酸化水素水がもたらす酸化の反対の反応となります。

アルカリ剤によるダメージ

アルカリ剤は頭皮に刺激を与えることが知られています。

刺激性の強いアルカリ剤は何度も何度も接触をしていくうちに刺激が強まっていき、始めは軽い違和感だったものが耐えられないくらいの刺激に発展していきます。

 

アルカリ剤はヘアカラーやパーマにも使用されているのでできるだけ接触は避けておく必要があります。

還元剤によるダメージ

還元剤には複数種類があるので頭皮に与える影響も使用する薬剤によって異なります。

 

一例を挙げると頭皮への刺激性があるものや頭皮の油分を減少させてしまうもの、また水分を減少させてしまうものなどがあります。

美容院でも対策はできるものの多くのお店では行われていない現実

美容師
美容師
それぞれの薬剤がどんな影響を与えるのかは分かってもらえたと思います。

これらの成分はシャンプーをしても落とすことができずに、そのまま放置してしまうと2週間ほどは頭皮・髪の毛の中に残ってしまいジワジワとダメージを与え続けます。

 

だからこそ美容院では施術後に専用の薬剤で取り除くことが理想的ですが・・・

残念ながら多くのお店では行われていないことが現実です。

美容師
美容師
理由としては効果を実感しづらいことにあると思います。

例えばトリートメントを行うことで手触りや見た目の変化を感じることができますが、残留する薬剤を除去してもなんの変化も起こりません。

 

お客様目線ではやってもやらなくてもわからないと言うことで

ヘアケアは行われているのに

頭皮ケアは行われていないケースがほとんどです。

美容師
美容師
当店ではヘアケア・頭皮ケアと合わせて取り組んでおります。

実際この記事を読むまで縮毛矯正が頭皮に与える悪影響など美容師さんからは聞かされていなく、知らなかった方がほとんどではないでしょうか?

 

だからこそお店に任せずに自分でケアを行っていく必要性があるということですね。

縮毛矯正後の頭皮ケアは自宅でも行える

美容師
美容師
縮毛矯正後の頭皮ケアとしては主に次のような流れを意識していただけると宜しいと思います。
  • 頭皮の残留薬剤の除去
  • 頭皮の抗酸化
  • 頭皮の保湿
  • 頭皮の抗炎症

1日でやることが大変な場合は初日に薬剤除去、2日後以降に頭皮ケアと分けてもOKです。

美容師
美容師
薬剤除去は2つのアイテムの使用を推奨します。

オキシゼロを頭皮につけて2〜3分時間を置き流す、アルカリオフを頭皮につけて2〜3分時間を置き流す。

その後にしっかりとシャンプー、トリートメントで終了です。

美容師
美容師
頭皮ケアにはオイルと化粧水を推奨しております。

週に1〜2回ほど頭皮につけて2〜3分時間を置き流す。

その後にしっかりとシャンプー、トリートメントで終了です。

化粧水は毎日の使用が望ましいです。

お顔に毎日化粧水をつけるのと同様に、頭皮も同じ皮膚なので化粧水をつける習慣を身につけましょう。

オイルは保油、抗酸化、クレンジング効果に期待ができます。

化粧水は保水、抗炎症、抗酸化効果に期待ができます。

これらを継続していくことで1年後2年後の頭皮や髪の毛に大きな変化が訪れます。

【縮毛矯正後の頭皮ケア】健康な頭皮を守る為にはどんな対策が必要?まとめ

縮毛矯正は髪だけでなく頭皮にもダメージを与えます。

 

そのダメージを放っておくことで刺激を感じやすくなるだけでなく、髪質への変化が起こることも考えられます。

 

基本的には薬剤の除去を行うことが有効ですが、残念ながら多くの美容院では実施されていないことが現実です。

 

自分の頭皮は自分で守るためにもホームケアの徹底を意識しましょう。

 

ご相談はお気軽にお申し付けください。